ロングステイ、語学留学したいあなたを応援する海外中長期滞在サポート

体験レポート バンコク(タイ)1

橋本秀樹様・恭子様ご夫妻「まずは旅行気分でバンコク体験ショートステイ」

バンコクご滞在(2012年5月22日~5月29日)

今回は、橋本様ご夫妻に、バンコクステイでのちょっと気がついたことをご紹介いただきました。

タイのトイレ事情

 

ホテル、大きなショッピングセンター等は別に気にならなったと言っていた妻が地方に行ってトイレから戻っての一言

「お父さん、なんで床も水浸しなの?」

「 紙も無いし・・・・」

私はほとんど外では立ってしか用を足しませんが・・・・。

日本で言う和式トイレ、タイのトラディショナル・トイレだったのです。
あとでインターネットで確認すると、横に水の入った桶。
つまり用を足した横の桶から水を汲み、手でお尻を洗い、水をかけて流す、との事。
この方式は、手前向いて座りマーース。紙をつかった場合は、流さず、横に蓋付のバケツみたいなところにいれるとの事。

そういえば、チェンマイのこじんまりとしたランナー様式のホテルのトイレは、便器は様式でしたが横にバケツ大の籐製かご蓋付が置いてあった。
トイレットペーパーあったけど、便器に流してはいけなかったのでは・・・・・。
(*昔の紙は品質が悪く、よく詰まっていたとの事。今は大丈夫みたいでーーす。)

ビール好きな私のバンコクでの嫌いな時間

 

外出し、お昼が少し遅くなって入った「ちょっと大きなフードコート。
海外生活の癖で、日本では昼からビールは補給しませんが、バンコクでは暑いので昼食の条件は、妻曰く「食事は何でも良いが、ビールを飲めれば良い」との事・・ビンゴ!!。

フードコート内ではビール飲んでいた方がいたので、クーポン売り場でお金をクーポンに引換て、いざビール売り場へ。
チャンビアを指差しお願いすると・・手を横に振り・・時計を指差して・・・?、飲んでる人を指差しても・・X。

上の方をよく見たら、14:00から17:00までは、販売禁止でーーした。
バンコクでは、コンビニも同様です。スーパーは良かったですが・・・。
(*バンコクでは、学校の登下校時間には、販売しない事が、分かりました。)

バンコクの現地スタッフは最高

 

現地スタッフの増田さん、アピラットさん、お世話になりました。
バンコクでは、ホテルでのオリエンテーションも「バンコク情報キット」としてバインダーにまずは病院の案内、必要箇所の電話番号一覧ほか、日本食弁当メニューほか必要な内容を説明を頂けました。
こんなの・・初めてでーーす。プリントでまとまったものを頂いても、時間が経つと何処にいったか・・探すハメに。


また、運悪く妻がちょっとしたことで軽いギックリ(立ち上がるのが少しシンドイ、歩くのは遅いがOK)で、腰椎用バンドを、何処に行けば買えるか携帯で問い合わせしましたが、調べていただくのと平行で、ドラッグストアーに行ってわからなかったら、電話で説明しますから・・・。
との事でしたが運良く入ったストアーにあり、ちょうど電話がはいり、あったことを伝え、一件落着でした。
(*商品をよく見ると、妊婦用だった!!、仕方なくタイガーバームの貼りしっぷを購入。良く効いたとの事で数枚入ったものを自分用に購入しました。)

 

「おとなのバンコクステイ(海外ステイ.comの企画)」にも参加し、こんな機会にしか行けない屋上バーには感激しました。
妻は、私が飲むのでビールもコップ半分しか飲めませんが、増田さん・アピラットさんが美味しカクテルを選んで頂き、私はウイスキーのロックで乾杯。
楽しかったデーース。

また、携帯電話をお借りしてましたが、「滞在の最後まで使用して頂く為に」とのことで返却は空港でとの事。
私たちが到着する時間を見計らってお二人と待ち合わせ。
イミグレーションに入るまで見送っていただきました。
増田さん、アピラットさんありがとうございました。
チャンスがあれば、またよろしくお願いします。



バンコクの概要、プラン一覧を見る

バンコクの概要、プラン一覧を見る

他の体験談を見る




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ガバペンチン