ロングステイ、語学留学したいあなたを応援する海外中長期滞在サポート

体験レポート ニース(フランス)1

島田光枝様とお嬢様「最高の気候のニースでロングステイ体験」

ニースご滞在(2012年8月2日~8月17日)


光枝さんのご体験談

 

この度は海外ステイ様には大変お世話になり、ありがとうございました。

ニースはよい天候に恵まれ、さわやかでここちよい日々を満喫することができました。日本の湿度のある蒸し暑さと違い、カッラとして建物の影に入るとすずしく、とても快適でした。食料スーパー、パン屋、バス停も近くにあり、なによりも痒いところに手が届くような現地サポートがありましたので不安要素は一掃されました。マルシェでお買い物したり、カフェでお茶を飲んだり、ブラブラとプロムナードザングレを散歩したりと海外ステイを楽しんできました。

また、これからニースステイされる方のために、気づいた点がいくつかあるので挙げておきます。アパートメントホテルで全て生活に困らないように備わっていましたが、あえてあればよいと思うものを書きます。


・ご飯は炊飯器がないのでナベで炊くしかなかった。日本料理店もかなりあるので、利用されたらよいと思います。
・食器の中に「おはし」はないので持参した方がよい。
・室内ばきは必要
・エコバックは必要 スーパーでは袋が有料だったり、なかったり。
・インスタントの味噌汁、まつたけのお吸い物は重宝しました。
・コーヒー、紅茶はロビーに備えられています。特にコーヒーはエスプッレソマシーンが備えられていて、24時間飲めます。とても美味です。
・シャンプー、リンスは1ヶ月のステイでしたら現地調達でOKです。基本バスルームに全身ションプーが備えられています。
・私たちは8月にステイしたのでよくお茶を作って飲みました。お茶ガラの出ない粉末茶(カテキン茶)がとても重宝しました。

あと気になる点はトイレです。だいたい(市内のトイレは)有料で日本とは違います。ヨーロッパはだいたい有料(0.5ユーロ程度必要)です。無料のトイレは美術館などですが、必ず行っておいた方がよいと思います。あとはカフェなどを利用。

最終的には気になることとか、困ったときは現地サポートがありますので、なんでも聞けば答えてくれましたので、心配要りませんでした。

以下、娘の海外ステイの感想を挙げておきます。

お嬢さんの海外ステイ感想

なぜその国を選びましたか?

私がフランス語の語学学校に入りたかったこと、母が将来のロングステイの下見をしたかったこと。リゾート地で景色が素晴らしいこと。

街の印象、住み心地

 

真夏なのに朝から夜まで本当に爽やかで、日本のじめじめした夏とは大違いでした。夜遅くまで賑わっていて、治安も良くて、とても安心して過ごせました。夜は私が部屋で宿題をしている間、母は一人で海岸線をウォーキングしていました。パリなどとは違い、もっと街の人自体に活気があって、人の温かみを感じました。バスやトラムが充実していてどこへ行くにも移動がスムーズ、また歩いてもどこへでも行けるほど道が分かりやすい街でとても気に入りました。


思い出深いこと

ニースからは長距離バスがたくさん出ていて、片道たった1ユーロでニース以外にもいろんな場所へ行けたことです。特にエズというコートダジュール屈指の鷲の巣村の景色は忘れられません。目の奪われるような美しい自然をたくさん味わうことができました。あと、ニースでは、滞在中にちょうどお祭りの日が2日含まれていたので、夜にたくさんのアーティストのライブを楽しんだり、コートダジュールに上がる花火を思う存分堪能することができました。

現地スタッフの対応

ニース空港に到着したらすぐに、流暢な日本語を話すフィリップさんが迎えてくださり、おかげで外国に降り立ったときの緊張が解けてとても安心できました。

ショックなことに、出発するとき新しかったスーツケースが、ニースに着いて空港の荷物受け取りをするときには激しく形が変わってダメージを受けていたのです!その際にもすぐに航空会社のクレーム係のところまで連れて行ってくださり、その場で新しいスーツケースを弁償してもらうことができました。

次の日には、私が通う語学学校への行き方について、バスの時刻表に載っている乗り場と降り場が複雑ということで不安がないようにと、実際に学校まで一緒に同行しながらバスの乗り方、ストップボタンを押すタイミングなども細かく教えてくださり、何一つ心配しないでいいようにサポートしてくださいました。その帰りには、美味しいレストランや便利なお店など、街のことを歩きながら紹介してくださったので、着いてすぐに街全体のことを理解することができました。

最後に

困ったときにすぐにサポートしてくださったおかげで、何も心配せずに快適に毎日を過ごすことができました。短い期間でしたが語学学校にもバスで一人で通い、「この街に暮らしてるんだ!」という気分を味わえたことも嬉しかったです。私が語学学校に通っている午前中に、母はマルシェで買い物をしたり旧市街を散策していたようで、午後は二人で合流して旧市街を歩いたり、美術鑑賞をしたり、他の街へ出かけてみたり、二週間ニースを思い切り満喫できました。この街が本当に気に入ったので、これから何度でも訪れたいと思います。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ガバペンチン