ロングステイ、語学留学したいあなたを応援する海外中長期滞在サポート

バリ島でロングステイ

バリ島(インドネシア)のロングステイ・ガイド

インドネシアの基本情報

  • 首都
    ジャカルタ
  • 公用語
    インドネシア語
  • 面積
    1,919,440km2
  • 人口
    230,000,000人
  • 通貨
    ルピア(IDR)

東南アジア南部に位置する共和制国家。5,110kmと東西に非常に長く、赤道をまたがる約1万8千もの大小の島により構成される国です。世界第4位の人口を擁し、2億3千万人以上の人が住んでいます。経済規模は日本の10%ほど。多くの民族が暮らし、宗教、風習、芸能なども各々が個性的です。また、風土や自然環境も地域性が強い。バリ島をはじめ、ボロブドゥールやプランバナン遺跡で有名なジャワ島、ダイバーに人気のスラウェシ島など多彩な魅力があふれています。

バリ島の基本情報

  • 面積
    5,632.86km²
  • 人口
    3,900,000人

インド洋に浮かぶ小さな島で、アジア大陸からオーストラリア大陸に鎖状に連なるインドネシアの島々の真中にあります。人々のおよそ90%が、バリ土着の信仰とインド仏教やヒンドゥー教の習合によって成り立つバリ・ヒンドゥーと呼ばれる信仰を奉じています。一年を通じて気温の変化はほとんどなく、年間の最低平均気温は約24度、最高平均気温は約31度と、砂浜でのひと時を楽しむには最適です。芸能・芸術の島として知られ、ビーチ・リゾートが開発されてきたバリは、東南アジア各地のビーチ・リゾートのモデルとなっています。

バリ島でのロングステイ情報

バリ島の歴史

紀元前2000年頃には、台湾起源のオーストロネシア語族が居住していたとされ、古くから人が住み稲作を中心とした文明が開けていました。4世紀に入ると、ヒンドゥー教に属するジャワの人々が来住し、ヒンドゥー・ジャワ時代を迎え、その初期からジャワ王の支配下のもとで発展を続けました。19世紀末になると当時の帝国主義的風潮の下、オランダがバリ島の植民地化を進め、各地の王家を武力により支配下に置きました。太平洋戦争中には、日本の占領下に置かれたこともありましたが、長きに渡るオランダ統治の末、1950年の独立をもって、ついにバリは共和国に組み込まれることになりました。

バリ島のグルメ

代表的なものには、インドネシア版チャーハン、ナシゴレン(ナシはご飯、ゴレンは炒める(揚げる)の意味)や、インドネシア版やきそば、ミーゴレン(ミーは「麺」)などがあります。また、インドネシアを代表するビールのビンタンビールは有名で、辛口で軽く飲みやすい。

バリ島の医療

病院施設・機材の整備が進み、医薬品の品質も向上しており、設備の整った入院のできる国立や私立の大型の総合病院があり、インターナショナルと呼ばれる外国人に対応した病院もあります。街中には現地の人が利用している病院もあり、数は多い。国公立の病院は混雑しており、慣れないと日本人の受診は難しい。

おススメの滞在施設

ホテル・アリッツ・ビーチ

かしこくお得にロングステイを実現させる3つのステップ!

ロングステイのノウハウガイドブック無料進呈
ロングステイセミナー詳細ロングステイ詳細見積りご請求

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ガバペンチン