ロングステイ、語学留学したいあなたを応援する海外中長期滞在サポート

オークランドでロングステイ

オークランド(ニュージーランド)のロングステイ・ガイド

ニュージーランドの基本情報

  • 首都
    ウェリントン
  • 公用語
    英語、マオリ語、ニュージーランド手話
  • 面積
    268,680km2
  • 人口
    4,270,000人
  • 通貨
    ニュージーランド・ドル(NZD)

南西太平洋のポリネシアに位置し、北島と南島の2つの主要な島と、多くの小さな島々からなる国です。北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがあり、北西に2,000km離れてオーストラリア大陸と対します。南北に長いため気候は北と南で異なりますが、ほぼ全土が西岸海洋性気候に属し、夏の猛暑も冬の寒波もなく1年を通して過ごしやすいことが特徴です。ニュージーランドに生息する鳥キーウィから名をとり、ニュージーランド人のことを「キーウィ」という愛称で呼ぶこともあります。

オークランドの基本情報

  • 面積
    1,086km2
  • 人口
    1,320,000人

かつてニュージーランドの首都であった歴史を持ち、ニュージーランド最大の都市で、経済の中心地。ニュージーランドの人口のおよそ1/4強が居住していて、地域人口の40%は海外出身者が占めるグローバル都市です。南半球一の高さを誇るスカイ・タワー、スタルジックな港町デボンポート、おしゃれなショップやブティックが軒を連ねるパーネル、ビーチタウンのミッション・ベイなど、見所はたくさんあります。入り組んだ湾内に多くのヨットが浮かぶ様子から「City of Sails(帆の街)」とも呼ばれています。

オークランドでのロングステイ情報

オークランドの歴史

1350年ごろ、この一帯の地峡に先住民のマオリが住み始めたとされます。以降、様々な部族が争いながら生活を続けていましたが、1820年、イギリスの宣教師サミュエル・マーズデンがオークランドの地に初めて足を踏み入れたのを始め、ヨーロッパからの入植が始まります。1840年にはマオリ族とイギリス政府が「ワイタンギ条約」を締結し、正式にニュージーランドがイギリスの植民地となりました。ウィリアム・ホブソンニュージーランド初代総督により、1841年にニュージーランドの首都に定められオークランドと名づけられました。1865年に首都はウェリントンへと移されましたが、第二次世界大戦がおわった1945年以降、太平洋諸島の数多くの人々が移住し、1996年にはオークランドの人口が100万人を突破しました。

オークランドの医療

医療水準、設備は日本ほど整っていませんが、生活上の問題はない程度。水道水も飲むことができ、検疫上要求される予防接種もありません。医薬分業制度を採用しており、風邪薬、アスピリン、ビタミン剤等は薬局にて購入可能ですが、抗生物質等の特別なものは、医師の処方箋が必要とります。一般的に、医療費は日本に比べて割高で、専門医になると非常に高額の治療費がかかります。日本人医師がほとんど存在せず、英語で対応しなければならない場合が多い。

おススメの滞在施設

ウォルドーフ・セント・マーティン ウォルドーフ・スタジアム ウォルドーフ・セレション

かしこくお得にロングステイを実現させる3つのステップ!

ロングステイのノウハウガイドブック無料進呈
ロングステイセミナー詳細ロングステイ詳細見積りご請求

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

ガバペンチン